menu
閉じる
  1. BMW X1シリーズスタッドレスおすすめ通販
  2. スズキバレーノ スタッドレスタイヤおすすめ通販
  3. タンドラ・セコイアスタッドレスおすすめ通販
  4. マツダアクセラスタッドレスタイヤおすすめ
  5. アウトランダーPHEV スタッドレスおすすめ通販
  6. BMW 5シリーズ 535i スタッドレスおすすめ通販
  7. スバルレヴォーグスタッドレスおすすめ通販
  8. 2016に向けての冬は暖冬なのでしょうか?でもスタッドレスは必要ですよ…
  9. スズキ エブリイバンda17V用スタッドレスおすすめ通販
  10. 三菱 デリカD:5スタッドレスおすすめ通販
閉じる
閉じる
  1. 新型ホンダ N BOXスタッドレスタイヤセットおすすめ
  2. スバル インプレッサXV新型 スタッドレスタイヤおすすめ
  3. スズキバレーノ スタッドレスタイヤおすすめ通販
  4. 新型ワゴンRスティングレースタッドレス通販
  5. 新型スズキ ワゴンRスタッドレスおすすめ通販
  6. スペーシアカスタムZスタッドレスタイヤおすすめ通販
  7. トヨタ C-HRスタッドレスタイヤおすすめ通販
  8. ムーブキャンバス スタッドレスおすすめ通販
  9. トヨタ タンク ルーミー スタッドレスタイヤおすすめ通販
  10. 日産 ノートe-パワースタッドレスおすすめ通販
閉じる

スタッドレスタイヤ通販お助け屋

スタッドレスタイヤ交換時の注意点

スタッドレスタイヤをサマータイヤと交換するときに気をつけておきたい点を幾つかご紹介しておきます。

タイヤの交換は ジャッキによって車体を持ち上げ無ければなりませんが

車によってジャッキを掛けるところが指定されています。

説明書にその辺りは書かれているので めったに見ない説明書を開けてそこだけは見ましょう^^

変なところにジャッキを掛けると減っこんだり車体が歪んだりしますので注意が必要です。

大概はドアの下の辺りに切り欠きがありそこに掛けるようになっています。外国車のオーナーさんは

ちょっと変わったところに掛けるようになっていたりするので注意が必要です。

ジャッキを掛ける前にしなければならないことがあります。

それは まず、タイヤを止めているナットを先に緩めておくことです。

 ※外国車ではナットではなくボルトになっている場合があります。

ジャッキを掛けてからナットを外そうと足でレンチを蹴って緩めたら ジャッキにかなりの負担がかかり

ジャッキが曲がってしまったりするので 絶対に先に緩めておきましょう。

 ※ナットは緩めるだけで外してはいけません!!

ナットを緩めた後、ジャッキを回し車体を上げていきます。

この時あまり高く上げる必要はありません。

タイヤが浮いて2・3センチ隙間があれば大丈夫です。

あまり上げるとハメるときにそれだけタイヤを持ちあげなければならないので 辛いです。

しかし、この高さはあなたが一番持ち上げやすい高さを見つけて自分の高さにすればいいですよ^^

ジャッキが上がったら 先ほどの緩めたナットを外し タイヤを外します。

この時一応安全のため 外したタイヤを ジャッキを掛けたところの下、車体のサイドシルの下に置いておくと

もしかジャッキが壊れて車体が落ちた時 そのタイヤが受けてくれるので車が大きく壊れることを防いでくれます。

こんな感じ
タイヤ交換安全

交換が終わればその”もしかのタイヤ”を取り除けばいいです。

ジャッキが掛かっている状態で 交換後のタイヤのナットを締めていきますが

この時ナットは真剣締めず ある程度緩めに締めますが  対角線状のナットを順番に締めていくようにします。

タイヤナット順番

これはまっすぐにタイヤを取り付けるために 歪まないように取り付ける為です。

仮止めができたら ジャッキを緩めて タイヤを接地させます。

ジャッキを外し ナットを本締めしますが ここで真剣に締めてしまうといけません!!

鉄は硬いですが 一応伸びたり縮んだりします。その性質を利用して 止めていますので

真剣に締めてしまうと 最悪ちぎれたりする恐れもあります。 ユルユルでは逆に危ないですが・・・

真剣締めてしまうのも危ないです。

では一体どれくらいで閉めればいいのか??

こんなこのがあれば便利です。

トルクレンチ 

これは最適の締め具合を設定して それ以上の力が加わっても 締まらない様になっています。車屋さんやスタンドで使っていますね^^

    普通車 103N・m 
           軽自動車 74.5N・m

です。

4本とも交換ができれば完成です。

一応近所をぐるっと回ってから サイドナットの緩みがないかレンチを掛けておきましょう。

車載のジャッキはクルクル回すやり方ですが 油圧ジャッキを使うともっと簡単に上げたり降ろしたりができます。

こういった底床タイプであれば 低い車でも対応できます。

ホームセンターなんかで売ってるのは安いですが結構耐久性が無くすぐ潰れてしまうので この位のものが欲しいところです。

タイヤ交換は危険を伴うので 軽く考えずしっかりと取り組みましょう。

車に乗る家族や大事な方の命がかかっています。

スタッドレスタイヤ通販お助け屋TOP

ページ上部へ戻る スワップポイントが高い